フォルダ毎の処理・重複メールのチェック(Ver7.00対応版)
 このコマンドは、現在選択されているフォルダ中に同じメールが重複して存在しているかどうかチェックします。もし重複して存在している場合は1つだけ残すかどうか問い合わせるダイアログボックスが表示されます。

 同じメールかどうかは、メール中の「Message-Id:」ヘッダの内容を使って判断されます。「Message-Id:」ヘッダが無いメールについては、「Date:」「Subject:」「To:」など、ヘッダ部分のいくつか重要な部分のみを使って比較します。

 「受信解析のやり直し」等で同じメールが重複して作成されてしまった場合や、「リモートメール」を使って何回も受信してしまった場合に使います。


「重複メールのチェック - 配下のフォルダも」コマンドについて
 「重複メールのチェック - 配下のフォルダも」コマンドを実行すると、重複メールのチェックをする2種類のモードのどちらにするかの問い合わせが表示されます。
 同一のメールが別々のフォルダに重複して存在してる場合に、そのメールを重複メールと扱うかどうか、2つのモードで違ってきます。



重複メールのチェック(の条件指定)ダイアログボックス 重複メールの処理ダイアログボックス