$(SmallRootHeader)、$(AllRootHeader), $(OrikaeshiSmallRootHeader), $(OrikaeshiAllRootHeader) (テンプレート)(Ver6.93対応版)
 $(SmallRootHeader)命令は、返信元メールまたは転送元メールのヘッダ部分を簡略表示の形式に変換して返します。ヘッダは72桁で改行するように整形されます。
 $(SmallRootHeader2)命令も同様に、返信元/転送元メールのヘッダを簡略表示にして返しますが、72桁での整形処理はなされません。

 $(AllRootHeader)は、全体表示の形式で返します。72桁で改行する整形はなされません。

 これらの命令で返された内容は、折り返し禁止で挿入されます。(改行記号が右下矢印になります)

 $(OrikaeshiSmallRootHeader)は、SmallRootHeaderの折り返すバージョンです。$(OrikaeshiAllRootHeader)は、$(AllRootHeader)の折り返すバージョンです。

SmallRootHeaderで抽出するヘッダを任意に指定する用の、CustomRootHeader等のテンプレート命令もあります。