添付ファイルの削除ダイアログボックス(Ver6.93対応版)
 添付ファイルを選択した状態でDeleteキーを押すなどして削除動作をした場合、この問い合わせダイアログボックスが表示されます。
ファイルを削除するのみ
 添付ファイルを削除し、メールはそのままの形にします。結果として、削除された添付ファイルが点線アイコンで表示されることになります。


メールを改変し、添付ファイルのアイコンを出なくする
 添付ファイルを削除し、さらに、メール中の「X-Attach:」ヘッダを「X-DelAttach:」に書き換えます。結果として、添付ファイルのアイコンが出なくなりますが、「こんな添付ファイルが付いていたのだな」ということはヘッダで判断できます。


メールを改変し、添付ファイルが無かったことにする
 添付ファイルを削除し、さらに、メール中の「X-Attach:」ヘッダを削除します。結果として、添付ファイルのアイコンが出なくなり、もともと添付ファイルが付いてなかったような扱いになります。


メールに改変マークを付ける、ファイルを削除するのみだけどメールに改変マークを付ける
 ここのオプションをONにすると、メールに「改変」のマーク(鉛筆のアイコン)が付きます。
 「ファイルを削除するのみ」の時は「ファイルを削除するのみだけどメールに改変マークを付ける」の方が有効となり、そうでない場合は「メールに改変マークを付ける」のオプションの方が有効となります。