アカウント毎の設定・上級者向け・Bcc:宛先(Ver6.93対応版)
Bcc:の宛先には添付ファイルを送らない
 このオプションをONにすると、添付ファイル付きメールを送る時に、Bcc:の宛先に対しては添付ファイルを送らないようにします。
 ここのオプションがONになっている場合、To:/Cc:宛先に対してメールを送った後にBcc:宛先に対して別のメールを送るような形の動作となります。なので、送っている最中に何らかのエラーがあったり中断されるようなことがあると、To:/Cc:宛先にはメールが届きつつもBcc:宛先にはメールが届かない、ということがありえます。その辺注意が必要です。

 「全般的な設定・上級者向け・送信時のエンコード・特殊」の中に、Bcc宛先に添付ファイルを送らない時、メール本文にコメント追加するのオプションがあります。これがONの場合、Bcc:宛先に送られるメールの本文に、添付ファイルがカットされてることについてのコメントが付加されます。このオプションもお勧めです。

 Bcc:の宛先に添付ファイルを送るかどうか、さらにはCc:宛先に添付ファイルを送るかどうかの指定が、送信するメールの「設定 - 送信用の特別設定」の中でも指定可能です。そちらを使うとメール1通毎に指定できます。


Bcc:の宛先のメール本文の先頭に文面を挿入する
 Bcc:で届くメールの本文の先頭に、指定された文面を挿入します。文面としては、例えば「【本メールはBCCで送っております】」のような内容を指定します。
 文面に日本語を指定した場合、日本語以外の外国語のメールを送った時に、日本語の文字が「?」のように化けてしまいます。外国語のメールを送る場合は文面を英語にすることをお勧めします。
 ここのオプションも、送信するメール毎に、「設定 - 送信用の特別設定」の中でも指定できます。