メールのインポート・ダイアログボックス(Ver6.93対応版)
インポートするファイルの種類
 インポートするファイルの種類を指定します。インポート対象のメールソフトに応じて種類を指定する必要があります。具体的な種類の指定については、対象のメールソフト側の説明をお読みください。
 「From」区切りテキストファイルは、もっとも一般的な形式です。大抵のメールソフトは、メールソフトの内部形式がこの形式であるか、またはメールソフトの内部形式をこの形式に変換する機能を持っています。その場合はこの形式を使ってください。

 メールソフトの内部形式が「From」区切りであっても、メールソフトによっては「フォルダの最適化」などを実行しないとゴミが混じってしまうことがあります。

 インポートするファイルの形式がよく分からない場合は「自動判定」にしておくのがお勧めです。


インポートする場所
 インポートする場所(インポートしたメールを保存するフォルダ)を指定します。「受信したように処理する」を指定すると、振り分け条件によって振り分けられるか、または受信フォルダにインポートされます。


「エンコードする=OFF」でエクスポートされたメールをインポートする
 インポートしようとしているメールデータが、もしも秀丸メールでエクスポートされた物で、しかもエクスポートする時のオプションの「エンコードする」がOFFでエクスポートされた物だとしたら、ここのオプションをONにしてください。
 ここのオプションをONにしないと、HTMLメールをインポートする時に改行が全部くっついたような形になってしまいます。


インポート内容についての受信ログも作成する
 インポート元のデータを秀丸メールの受信ログに追加するかどうかを指定します。受信ログに追加しておくと、後でメールの元データを見たくなった時に、「関連するメール・ログ」コマンドで簡単に見ることができて、とても便利です。


その他のオプション
 インポートされるメールでの送受信日時の扱いなどを指定します。


 インポート・その他のオプション・ダイアログボックス

 インポート・コマンド