編集を許可する(メールエディタ・ウィンドウ)(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、受信したメールや送信済みのメールを編集可能な状態にします。

 受信したメールの編集を許可すると、「ファイル」メニューの「草稿に保存」のコマンド名が「保存」に変わります。「保存」コマンドを実行すると、書き換えられた内容を元のメールに置き換えて保存し、そのメールには「改変」のマークがつきます。

 送信済みのメールを編集許可した場合には、送信済みのメールと同じ内容の新規メールを作成したのと同じ扱いになります。編集を加えてから「あとで送信」などをして使うことができます。

 「編集を許可する」を実行すると、その時点からヘッダ表示の切り替えができなくなります。

 毎回「編集を許可する」コマンドを実行しなくても、常に編集可能な状態にしておきたい場合には、「全般的な設定・メール表示・詳細(その他)」の所にある、「メールをエディタで開いた時に編集を許可する」の下にあるオプションをONにしてください。
(「全般的な設定・メール表示・詳細(その他)」の設定ページは、「上級者向け設定」をONにすると出てきます。)