履歴戻り/履歴進み(Ver6.93対応版)
 「履歴戻り」コマンドは、直前に選択していたメールを探して選択します。さらに連続して実行すると、どんどん履歴をさかのぼって選択していきます。
 「履歴進み」コマンドは、履歴戻りコマンドで戻った位置から、履歴の新しい方のメールを選択します。
制限事項
 このコマンドは、移動または削除されたメールについてはうまく選択することができません。選択できなかた場合は選択できなかったメールを飛ばして動作します。
 また、受信したメールを同じフォルダにコピーした結果やまったく同じメールが1つのフォルダに重複して存在する場合、どちらのメールを選択するか決まっていません。