アカウント毎の設定・上級者向け・メールのバイパス(Ver6.93対応版)
受信したメールを別のアカウントに移動する
 ここのアカウント用に受信したメールを、他のアカウントに移動するよう指示します。移動されたメールにはX-Account:ヘッダが埋め込まれ、そこに移動元のアカウント名が入ります。
 受信ログは現在のアカウント配下に作成されます。
 移動されたメールは、移動先の振り分け設定にしたがって振り分けされます。

 移動されたメールに対して「返信メール」などとすると、移動された先のアカウント上で返信メールが作成されます。なので、送信用のアカウントも使い分けなければならないケースには向いていません。
 しいて、返信時にFrom:ヘッダを使い分けなければならないケースなら、フォルダ毎のプロパティやテンプレート、さらにはマクロ等を使って対処してください。 例えば返信元メールのヘッダにX-Account:が含まれている場合はFrom:を書き換えるようなマクロを作ることも可能です。