優先度=高(メールエディタ・ウィンドウ)(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、メールの優先度を高くするか普通にするかの状態を切り換えます。送信用のメールを編集しているときに限って使えます。

 「優先度=高」をONにすると、メールを保存または「今すぐ送信」した時に、メールのヘッダ中に「Priority:」ヘッダおよび「X-Priority:」ヘッダが挿入され、優先度が「高」となります。「高」となったメールを受け取ると、大抵のメールソフトの場合、 メールの一覧表示で「!」のように表示されます。