警告メッセージの制御(Ver6.93対応版)
 $(NoWarningHeaderUpdate)命令は、テンプレートからSetHeader類を使ってヘッダの宛先部分(To:ヘッダなど)を書き換えても警告メッセージを出さなくします。SetHeader命令類よりも前に入れてください。

 $(NoWarningRootUpdateFail)命令は、返信メール/転送メールで、返信元/転送元メールのメール情報を書き換える(返信済み/転送済みフラグを1にする)のに失敗しても警告メッセージを出さなくします。

 $(NoWarningNoSubject)命令は、件名が空っぽのままで送信しようとしても警告メッセージを出さなくします。