全般的な設定・上級者向け・メール作成(Ver6.93対応版)
テンプレート選択画面を出す用の組み合わせキー
 「新規メール」、「返信メール」、「転送メール」のコマンドを実行する時に、指定されたキーを押しながら実行することによってテンプレート選択画面を出すことができます。
 たとえば「Shift」を指定すれば、Shiftキーを押しながら「ファイル・新規メール」とメニューを選択することで、テンプレート選択画面を出してから新規メールコマンドが実行できます。キー割り当てで新規メールコマンドに「Ctrl+N」を割り当てている場合には、 Ctrl+Shift+Nと操作することで同様のことができます。
 また、ここのキーに「Ctrl」を指定していると、Ctrl+Nキーで新規メールを実行した場合に、新規メールコマンド実行時に毎回テンプレート選択画面が出てしまいます。その点にはご注意ください。

 テンプレートの選択は、メールエディタを起動した後に「設定・テンプレートの切り替え」コマンドを実行することによっても可能です。したがって、特にこのキーを指定しなくても不便なことはありません。


新規メール時は毎回テンプレートを選択する
返信メール時は毎回テンプレート/返信先を選択する
転送メール時は毎回テンプレートを選択する
 それぞれのコマンド実行時に、キーの組み合わせに関係なく毎回テンプレートを選択する画面を表示するかどうかを指定します。
 返信先が複数ある返信メールの場合には、ここの設定に関係なく、テンプレート/宛先選択ダイアログボックスが出てきます。


返信メール時でReply-To:ヘッダがFrom:ヘッダと異なる場合
 返信メールコマンドを実行した時に、返信元メールにReply-To:ヘッダがあって、しかもその中のメールアドレスがFrom:ヘッダのメールアドレスと違ってる場合にテンプレート/宛先選択ダイアログボックスを表示します。
 Reply-To:ヘッダにメールアドレスが複数ある場合、またはReply-To:ヘッダが複数ある場合も宛先選択ダイアログボックスを表示します。


ショートカット(.lnkファイル)そのものを添付できるようにする
 メールエディタ上で「ファイル・添付ファイルの挿入」で表示されるダイアログボックスで、ショートカットを選択した時に、そのショートカットのファイルそのものを添付するか、それともリンク先のファイルを添付するかを指定します。ここのオプションをONにすると、ショートカット(.lnkファイル)そのものを添付ファイルとして扱うようになります。


ショートカット添付時に問い合わせ表示
 「ファイルを添付」コマンドでショートカット(.lnkファイル)を添付しようとした時、およびショートカットをドラッグ&ドロップで添付しようとした時に、そのショートカットそのものを添付するのか、それともショートカットのリンク先のファイルを添付するのかの問い合わせダイアログボックスを表示するかどうか指定します。
 OFFにしている場合、ショートカットを添付しようとした時の動作は「ショートカット(.lnkファイル)そのものを添付できるようにする」のオプションにより決定されます。「添付できるようにする」がONならショートカットそのものが添付されて、OFFならリンク先のファイルが添付されます。


アドレス帳のグループ自体を宛先とすることを禁止する
 秀丸メールは標準でアドレス帳のグループ自体を宛先とすることができます。グループ自体を宛先に指定すると、そのグループに所属している人全員にメールを配信できてとても便利ですが、一方、 間違ってグループを指定してしまうと個人的なメールが多数に配信されてしまう恐れがあります。
 アドレス帳でグループ自体を宛先に選んだ時には、「Group(/XXX)を宛先に追加します。」という確認メッセージが表示されますが、それでも安心できない人はここのオプションをONにしてください。
 ここをONにすると、アドレス帳でグループを宛先に選べなくなるだけではなく、送信時にGroup(..)を指定するとエラーになります。
(問い合わせメッセージの省略)
 「アドレス帳のグループ自体を宛先とすることを禁止する」とここのオプションを両方ONにすると、アドレス帳上からグループを選択して「Toに追加」などとした時に、問い合わせメッセージを出さず、いきなりメンバーを追加する動作となります。


テンプレートと署名の間に改行を入れない
 「新規メール」などでテンプレートが適用されて、本文と署名の両方が挿入される場合、秀丸メールが内部的に、本文と署名の間に改行を1つ入れてしまいます。それが気に入らない場合は、ここのオプションをONにしてください。


ヘッダと本文の区切り行への入力はメール本文の先頭への入力扱いにする
 ここのオプションをONにすると、ヘッダと本文の区切り行に何か文字入力した時に、その入力した文字がメール本文の先頭に入力されたような扱いになります。オプションOFFの場合は入力された文字が新しいヘッダとして追加されるような動作となります。

 ヘッドと本文の区切りの空行に間違って本文を書いてしまうことがある方は、ここをONにすると便利になります。