全般的な設定・上級者向け・メール作成・自動保存(Ver6.93対応版)
書きかけメールを草稿フォルダに自動保存する
 「新規メール」、「返信メール」、「転送メール」などでメールを作成している最中に、その書きかけのメールを自動的に草稿フォルダに保存するかどうか指定します。ここをONにすると、書きかけのメールが自動的に草稿フォルダに保存されるので、 例えばパソコンの電源が途中で切れてしまうなどの災難発生時でも、書きかけだったメールがある程度復元することが出来ます。


更新回数
 何回更新したら自動保存するか指定します。1を指定すると、何かちょっとでもメールを書き換える度に保存するようになりまして、安全性は最高になります。その代わり、1文字書く毎に保存されるので、大変動作が鈍くなります。ただし、遅延時間を大きめに取れば、 それなりに軽くすることも出来ます。


遅延時間
 更新回数が指定された以上になって自動保存が必要になった時に、実際に自動保存を実行するための遅延時間を指定します。遅延時間の間に何かまたメールが書き換えられれば、その書き換えた瞬間からもう一度遅延を開始します。


情報アイテムの場合も自動保存する
 情報アイテム(To:に「@.item」を書いたメール)の場合にも自動保存するかどうか指定します。