インポート・その他のオプション・ダイアログボックス(Ver6.93対応版)
インポートされたメールの送受信日時の扱い
 インポートされたメールの送受信日時をどうするか指定します。

自動  インポートする場所の指定が「特定フォルダに入れる」の場合は送受信日時をDate:ヘッダと同じにし、「受信したように処理する」にした場合は現在の日時がそのまま送受信日時となるようにします。
インポートした時点
の日時にする
 インポートする場所の指定に関わらず、インポートを実行した時点での日時にします。
Date:ヘッダと同じにする  インポートする場所の指定に関わらず、Date:ヘッダと同じ日時にします。


添付ファイルのタイムスタンプ
 添付ファイルのタイムスタンプ(更新日時)をどうするか指定します。
 「インポートした時点の日時にする」にすると、インポートした瞬間の時間になります。(普通の動作)
 「Date:ヘッダと同じにする」にすると、メールの中のDate:ヘッダの日時と同じになります。


開封通知の要求が付いていても無視する
 インポートするメールに開封通知の要求が付いていた場合に、それを無視するか、またはそれに対してちゃんと応答するような動作とするか指定します。ここをONにすると、開封通知要求付きのメールを選択しても、開封通知の応答を送信しなくなります。
 普通はここのオプションをONにしておかないと、昔のメールについて開封通知を送ってしまうような変なことが起きてしまいます。


「特定のフォルダに入れる」時に迷惑メールフィルターに通さない
 ここのオプションをONにすると、「特定のフォルダに入れる」の指定をした時に限って迷惑メールフィルターに通さないようにします。特定のフォルダに入れる場合は振り分けが必要無いということなので、迷惑メールフィルターに通す必要も普通は無いです。URLチェッカーが無駄に動くことを防ぐのに便利です。(標準ではOFFになってますが)

 ここのオプションはVersion 6.31β23で追加されてます。