$(SetTargetDraftFolder, サブフォルダ名) (テンプレート)(Ver6.93対応版)
 SetTargetDraftFolder命令は、作成されたメールを後でユーザーが「ファイル・草稿に保存」とした時用の、草稿フォルダ配下のサブフォルダ名を指定します。

 草稿フォルダ配下にサブフォルダをたくさん作っていて、それを活用したい場合に便利です。

 存在しないサブフォルダ名を指定してもエラーになりません。その場合にはサブフォルダ指定は無視されて草稿フォルダ直下に保存されます。

$(SetTargetDraftFolder,test)$-