メールをマークする/マーク解除(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、メール一覧中の現在選択されているメール(複数ある場合はそれらすべて)にマークを設定します。いったんマークした設定を解除するには、「編集・マーク解除」コマンドを実行します。
 マークしたメールはマーク用の記号付きのアイコンで表示されます。
 メール一覧枠の「範囲」の所で「マーク」を選択することにより、マークされたメールだけの一覧を表示させることができます。また、振り分けの時に、マークしたメールを振り分けの対象外と指定することもできます。

 複数のマーク種別を使い分けたい場合や、マークした上でさらに目立たせたい場合は、メモの機能や色付けの機能を併用するとよいでしょう。メモ付けや色付けは、「メールのプロパティ」コマンド、 あるいは「アカウント毎の設定・メールの振り分け」で、「高度な動作の指定」を選択することによっても指定することができます。