フォルダへコピー(Ver6.93対応版)
 「編集・フォルダへコピー」コマンドは、メール一覧中の現在選択しているメール(複数選択している場合は選択されたメールすべて)を、別のフォルダにコピーします。このコマンドを実行すると、コピー先のフォルダを選択するダイアログボックスが表示されます。
 メールをコピーするには、このコマンドを使う他に、Ctrlキーを押しながら、メールを直接フォルダ枠にドラッグ&ドロップするという方法もあります。なお、Ctrlキーを押さずにドラッグ&ドロップすると「コピー」ではなく「移動」になります。

 メールを現在のフォルダと同じフォルダにコピーすることもできます。この操作を行うと、選択されていたメールが2重になります。2重になったメールを元に戻すには、 「編集・フォルダ毎の処理・重複メールのチェック」が便利です。

 送信済みのメールを未送信フォルダにコピーしたり、その逆の操作をしたりすると、警告メッセージが表示されます。詳しくはメッセージ内容を参照ください。
備考
 アカウントを越えてメールを移動/コピーすると、移動/コピー先のメールに「X-Account:」ヘッダが追加されます。このヘッダは元のアカウントが何であったかを調べるのに役立ちます。
 添付ファイルやHTMLメールの付いたメールについて、アカウントを越えて移動/コピーすると、添付ファイルおよびHTMLメール自体もアカウントを越えて移動/コピーされます。


参照:
メールの移動/コピーダイアログボックス