メール一覧中の部品を隠す(Ver6.93対応版)
 このコマンドを実行すると、メール一覧枠中の「一覧/スレッド」や「範囲(L)」となっている部分を隠して、メール一覧枠にはメールの一覧のみを表示するようになります。もう一度コマンド実行すると元に戻ります。
 「メール一覧中の部品を隠す」がONになっている時は、マウス操作による一覧表示/スレッド表示切り替えは出来ません。キーボード操作で「Ctrl+Tab」を使って切り替えてください。また、表示範囲の切り替えや絞り込み検索も原則として出来ないです。(キー操作で無理矢理やれば出来ますけど)
 「メール一覧中の部品を隠す」がONになっている時は、フォルダを切り替えたタイミングで、表示範囲は必ず「全体」に切り替わります。