全般的な設定・未読メールの閲覧(Ver6.93対応版)
未読から既読への自動切り換え
 未読のメールを既読へ自動切り替えするタイミングを指定します。
 「一定時間表示したら」の秒数を0にすると、メールを選択して表示した瞬間に既読に切り替わります。
 「メールを最後まで表示したら」は、メール内容が一番下までスクロールアップしたら既読に切り替わるのですが、HTMLメールをHTMLメールViewerでインライン表示している場合に限っては、「下の未読ページ」コマンドか、またはカーソル下矢印キーかマウスホイールでスクロールアップさせた場合についてはうまく効きますが、スクロールバーをマウスで操作した場合に限ってはうまく既読に切り替わらない制限があります。


「下の未読メール」等で、下に未読メールが無かった場合
 「下の未読メール」や「下のマークしたメール」コマンドで、現在フォルダの下方向に該当するメールが無かった場合の動作を指定します。
 「何もしない」にすると、警告音をならすだけになります。
 「フォルダをまたがる」にすると、フォルダおよびアカウントをまたがって下方向にメールを探して選択します。下方向に対象となるメールが無ければ警告音を成らします。
 「フォルダ内を一周する」にすると、同じフォルダの先頭から該当するメールを探して選択します。同じフォルダ内に該当するメールが1つも無い場合は警告音をならします。
 「進行方向の問い合わせメッセージを出す」にすると、フォルダ内を一周するのかフォルダをまたがるのかの確認ダイアログを表示します。
 「未読があればフォルダ内を一周、無ければフォルダをまたがる」にすると、その通りの動作をします。
 「フォルダをまたがりつつ、アカウント内を一周する」などは、だいたいその言葉通りの動作です。

 「フォルダまたがり+アカウント内一周+全アカウント一周」は、まずはアカウント内を一周して未読メールがあればその未読メールを選択し、無ければ、全アカウントを一周して未読メールを探して選択します。
 「フォルダ内一周+アカウント内一周+全アカウント一周」は、まずはフォルダ内を一周して未読メールを探し、無ければアカウント内を一周して未読メールがあればその未読メールを選択し、それも無ければ、全アカウントを一周して未読メールを探して選択します。
 以前使っていたメールソフトがBecky!の場合には、「フォルダ内を一周しつつ、アカウント内を一周する」が一番しっくりくるようですが、結局は慣れの問題じゃないかとは思います。

注意事項
 「進行方向の問い合わせメッセージを出す」にしていても、マクロ実行中の場合は確認メッセージを出さずに「フォルダをまたがる」の処理をします。
 「上の未読メール」や「上のマークしたメール」コマンドについても、この設定は有効です。ただし、上方向の場合は「フォルダ内を一周する」ことはできません。




メールが見つからなくても警告音を鳴らさない
 「下の未読メール」等のコマンドを実行して対象のメールが見つからなかった場合、普通だと警告音が鳴ります。ここのオプションをONにしておくと警告音が鳴りません。