今すぐ送信(メールエディタ・ウィンドウ)(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、現在編集中のメールを今すぐ送信します。送信に成功すると、編集していたメールは送信済みフォルダに保存され、メールエディタ・ウィンドウは終了します。

 「アカウント毎の設定・メールの振り分け」で、「送信時に振り分ける」がONになっている場合には、振り分け条件に従ったフォルダに保存されます。

 一度「草稿に保存」で保存したメールを「今すぐ送信」とした場合には、草稿に保存されたメールは削除されます(草稿フォルダから送信済みフォルダへ移動するような形になります)。

 送信済みメールを開いている時にこのコマンドを実行すると、メールを二重に送ることになるという警告メッセージが表示されます。かまわずに「はい」を選ぶと、現在のメールをもう一度送る形になり、 送信済みフォルダには同じ内容のメールが2通作成される形になります。ただし、あとで送信した方のメールと元のメールは、「Date:」ヘッダおよび「Message-Id:」ヘッダ部分が異なる別のメールとなります。