メールを未読にする/既読にする(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、メール一覧中の現在選択されているメール(複数ある場合はそれらすべて)を未読状態にしたり、既読状態にしたりします。
 「未読/既読」の状態は、一般的には「既に読んだメールか、まだ読んでないメールか」という意味で使いますが、自分なりの解釈で未読/既読を切り替えて使うこともできます。

 未読のメールはメール一覧の中で太く表示され、既読のメールは通常の細い文字で表示されます。

 未読/既読の切り替えは、受信したメールについてのみ可能です。また、受信フォルダ配下またはアカウント直下に作成したユーザー用のフォルダにメールがある場合に限り、フォルダごとの未読メール数がフォルダ枠側に丸括弧付きの数字で表示されます。

 未読から既読への切り替えは、「メールを既読にする」コマンドを実行する他に、メールを一定時間表示した場合や、 メールエディタで開いた場合などに自動的に切り替えるよう指定することができます(全般的な設定・未読メールの閲覧)。