送信時の宛先の確認ダイアログボックス(Ver6.93対応版)
 送信時の宛先の確認ダイアログボックスは、「全般的な設定・上級者向け・確認メッセージ」で「あとで送信/今すぐ送信時の宛先の確認」をONにすると、何かメールを送信しようとした時に出来ます。
 メールを送る前に宛先をちゃんと確認したい場合に使うと便利です。
 このオプションを使う以外に、例えばマクロを使って宛先確認させることも可能です。マクロで処理する場合なら、例えば特定ドメイン宛のメールなら確認メッセージを出さないようにするとか、添付ファイル付きなら警告を出すとか、マクロの内容次第でもっと高度なことも出来ます。
宛先の一覧
 これから送信するメールの宛先の一覧を表示しています。一番左の列にはTo/Cc/Bccのヘッダの種類、その次の列には宛先のメールアドレス(+名前)、次の列は、もしもその宛先がアドレス帳に登録されている場合、そのアドレス帳・グループの名前を表示しています。


Subject
 メールのSubject:ヘッダの内容というか、いわゆるメールの件名を表示しています。


添付ファイル
 メールに添付ファイルがある場合は、その添付ファイル・ファイル名を表します。添付ファイルが複数ある場合は、「...等」のように表示されます。


その他
 「優先度=高」となってる場合と開封通知要求ありの場合に、そのことをここに表示します。


アドレス帳に登録
 このボタンを押すと、今現在選択している宛先をアドレス帳に登録します。


設定
 宛先一覧でのアドレス帳の備考欄の表示ON/OFFなどをここで切り替え可能です。
 送信時の宛先確認の設定については、「全般的な設定・上級者向け・確認メッセージ」の所にいろいろあるので詳しくはそちらを参照ください。


宛先の編集について

 送信時の宛先確認ダイアログボックスの中で、宛先の、To: / Cc: / Bcc:の変更や、並び順の変更、宛先の取り消しの操作が可能です。
 To: / Cc: / Bcc: の種類を変更するには、メールアドレスを選択してから'T'、'C'、'B'のキーを押すか、またはマウス右ボタンメニューからコマンドを選択します。
 宛先の並び順を変更するには、メールアドレスを選択してマウスでドラッグ&ドロップ操作するか、またはAlt+上下矢印キーを押します。
 宛先を取り消すには、メールアドレスを選択してからDeleteキーを押します。
 宛先を編集した場合、OKボタンを押したタイミングで確認メッセージが出てきて、それにOKすると、書き換えた内容がメールに反映され、それから送信されます。