文字コードの切り換え(Ver6.93対応版)
 現在作成しているメールの文字コード(言語)を切り換えます。

 このコマンドで文字コードを切り換えると、メールエディタ用のフォントが該当する言語用のフォントに切り替わります。さらに、「Content-Type:」ヘッダの内容がその言語用に書き換えられます。

 ここで作成される「Content-Type:」ヘッダはあくまで言語を切り換えるために秀丸メールが使用する物で、そこに書いてある文字列がそのまま送信される訳ではありません。

 文字コードを切り換えても正しいフォントに切り替わらない場合は、その言語用のフォントがWindowsにインストールされてない可能性が高いです。フォントをインストールしてから、 「全般的な設定・上級者向け・多国語対応」でフォントを正しく指定しなおしてください。