全般的な設定・定期受信(Ver6.93対応版)
定期的に受信する
 「すべて送受信」などの動作をしなくても、秀丸メールが起動している最中に一定の時間間隔で自動的に受信するかどうかを指定します。
 このオプションをONにしておくと、秀丸メールでいろいろ作業している最中にいきなり受信を開始することがあります。ただし、何かダイアログボックスを出して作業している時には、自動受信は行われません。


対象アカウント
 対象アカウントは、定期的な受信の対象となるアカウントを指定します。対象としたいアカウントの四角部分をクリックしてチェックマークを入れます。四角部分をクリックするほかに、Spaceキーを押してもチェック状態が切り替わります。


アカウント毎の指定
 このボタンを押すと、現在「対象アカウント」中で選択しているアカウントについて、アカウント毎の細かい設定ができます。例えば、指定した間隔で発生する定期受信のうち、何回に1回の割合で受信するかなどを設定します。

 参照: 定期的な受信・アカウント毎の設定ダイアログボックス


定期受信の動作
 「受信のみ」を指定すると、定期受信の際に受信動作だけ行います。未送信メールがあっても送信しません。

 「送受信」を指定する、定期受信のタイミングで対象アカウントの未送信メールもいっしょに送信します。

 「リモートメール一覧の取得のみ」を指定すると、秀丸メールはサーバー上にあるメールの一覧の取得のみを毎回実行します(=メールの受信はしません!)。そして、サーバー上に、まだダウンロードしてないメールを見つけた場合には、 何か受信した時と同じように音を鳴らすなどします。
 さらにここで最小化されている本体ウィンドウを復元した場合、まだダウンロードしてないメールのあるアカウントごとに、「送受信・リモートメール」コマンドを実行し、その場でメールのダウンロードができます。
 リモートメール一覧取得で新着メールを見つけた場合にメッセージ表示させたい場合は、「全般的な設定・送受信・詳細」での「リモートメール」枠中の「新着メールを見つけたらメッセージ表示する」をONにしてください。 「全般的な設定・送受信・詳細」の設定ページは、「上級者向け設定」をONにすると出てきます。


秀丸メール起動時にも定期受信を実行する
 ここのオプションをONにすると、秀丸メール起動時に、定期受信の動作を1回実行します。
 ここのオプションは、「全般的な設定・送受信」の「秀丸メール起動時にすべて送受信を実行する」と違い、あくまで定期受信で指定した方の受信動作が実行されます。  「秀丸メール起動時にすべて送受信を実行する」とここのオプションの両方をONにした場合は、先に「すべて送受信」が実行されてから定期受信が実行されます。


定期受信できなかった時のアイコン表示
 定期受信が指定されているにもかかわらず、何らかの理由で定期受信が実行できなかった時は、秀丸メール本体ウィンドウのアイコン、および、常駐秀丸メールが居る場合はそのアイコンも含めて、「×」のようなアイコンとなります。(V3.50からそういう仕様になりました)

 定期受信できない原因としては、以下のような条件があります。

  • 秀丸メール本体上でダイアログボックスを表示したまま放置されていた。
       (ダイアログボックスを出した状態では定期受信が実行できません)

  • 「定期受信の条件」で指定した条件を満たしてなかった。例えばLANが無効と判定された。(誤判定の可能性もある)


休止モード/サスペンドモードから復帰した時の動作
 休止モードやサスペンドモードから復帰した時には、休止/サスペンドしてる時間も入れた形で「直前の定期受信から何分経過してるか」を元にして次回の定期受信が実行されます。
 定期受信のタイミングになったとしても、休止/サスペンドモードから復帰してすぐだとネットワークが不安定なため、少し間を置いてから受信を開始します。その待ち時間は、「全般的な設定・定期受信・詳細」の所で指定出来ます。標準は60秒になってます。