CSVファイルへエクスポート(アドレス帳)(Ver6.93対応版)
 秀丸メールのアドレス帳の内容をCSV形式ファイルとしてエクスポート(ファイルへ保存)します。
エクスポートする対象
 エクスポートする対象を指定します。現在選択してるメンバーのみをエクスポートするか、または現在選択してるグループ内のメンバー全員をエクスポートするか、またはアドレス帳に登録されてるすべてのメンバーをエクスポートするか指定します。


「その他」列中の改行コードの扱い
 秀丸メールのアドレス帳でのアドレス帳・メンバーのプロパティで、「その他」の項目の中には改行を含んだ文字列を指定することが出来ます。しかし、改行コードを含んだ形でCSV形式での出力をすると、例えばその項目を他のメールソフトのアドレス帳にインポートさせた時に、改行コードがうまく解釈出来なくて、うまくインポート出来ないことがあります。
 そういう恐れがある場合は、ここを「空白に変換して出力」としてください。


対象とする列と並び順
 エクスポートの対象とする列と、その並び順を指定します。
 「すべての列を標準の並び順で」とすると、表示してない物も含めたすべての列を、「名前、メールアドレス、登録日、備考1〜備考3、その他、備考4〜8」の順で出力します。
 「表示してる列のみを表示してる順で」とすると、今現在アドレス帳に表示してる列のみを、その順序通りで出力します。


グループ名も出力する
 エクスポートする対象に「アドレス帳内のメンバーすべて」を指定した場合に、アドレス帳の中に登録しているグループ名も出力するかどうか指定します。
 グループ名は、CSVファイルの1列目の情報として出力されます。


秀丸メールの出力するCSV形式ファイルについて
 秀丸メールの出力するCSV形式ファイルは、列の並び順が、以下のように固定になっています。
 1列目:名前
 2列目:メールアドレス
 3列目:備考
 4列目:備考2
 5列目:備考3
 6列目:その他
 7列目:備考4
 8列目:備考5
 9列目:備考6
 10列目:備考7
 11列目:備考8

 また、1行目には、列の名前が出力されます。
 ファイルの文字コードの種類は、Version 6.91以下では「UTF-16,BOMあり」でしたが、Version 6.92からは、「UTF-8,BOMあり」に変更になっています。(Excelで開いて見るのにUTF-16だとうまく解釈されなかったので)