$(RootCharSet) (テンプレート)(HTMLメール編集アドイン向け)(Ver6.93対応版)
 この命令は、返信元メールの文字コードを返します。この命令は、HTMLメールを作成する用にContent-Type:ヘッダをセットする時に、返信メールの文字コードを返信元メールに合わせたいときに使います。以下の例のように$(SetHeader)テンプレート命令の中で使います。

 この命令の返す文字列は、日本語なら「iso-2022-jp」、多国語混在ユニコードなら「utf-8」のような、文字コードの分類毎に固定の文字列を返します。例えば「euc-jp」だったとしても「iso-2022-jp」を返すし、「utf-7」だったとしても「utf-8」を返します。
$(HtmlEdit)$-
$(SetHeader,Content-Type,"text/html; charset=" + $(RootCharSet))$-