$(QuotedRootBody_SyncOrikaeshi)、$(QuotedSelectedRootText_SyncOrikaeshi)、$(QuotedSelectedRootText2_SyncOrikaeshi) (テンプレート)(Ver6.93対応版)
 $(QuotedRootBody_SyncOrikaeshi)命令は、$(QuotedRootBody)と基本的には同じですが、もしも返信元/転送元メールが自動折り返しOFFになっている場合には、引用の処理も自動折り返し無しのつもりで(折り返し桁数=最大で)引用の処理をします。
 $(QuotedSelectedRootText_SyncOrikaeshi)は、$(QuotedSelectedRootText)に対応し、同じく$(QuotedSelectedRootText2_SyncOrikaeshi)は、$(QuotedSelectedRootText2)に対応します。