$(FormatDate, 文字列, 日時形式) (テンプレート)(Ver6.93対応版)
 この命令は、「Date:」ヘッダ中に入っている形式の日時を、パラメータで指定された形式の日時文字列に変換します。

 「Date:」ヘッダに入っている日時文字列は、そのままでは日本人に理解しにくい形式なので、それを日本人にわかりやすい形式に変換するためにあります。

 「Date:」ヘッダに入っているものと異なる形式の日時は変換することができません。

 日時形式の指定方法についてはCurrentDate命令を参照ください。

■オリジナル時刻で計算させるオプション
 日時形式文字列の先頭に、"o"を挿入すると、FormatDate関数はタイムゾーン関係の処理を一切省略します。例えば外国から受け取ったメールを、その外国の時刻そのままでフォーマット処理させたい場合には、"o"を挿入してください。例えば"YYYY/MM/DD"とする所を、"oYYYY/MM/DD"と指定してください。


$(FormatDate,$(RootHeader,Date),"YYYY/MM/DD")
$(FormatDate,$(RootHeader,Date),"oYYYY/MM/DD")