添付ファイルとして転送、ログを添付ファイルとして転送(Ver6.93対応版)
 「添付ファイルとして転送」コマンドは、現在選択しているメール(または、現在開いているメール)を添付ファイルの形式で他の人に転送します。このコマンドは「転送メール」コマンドと違い、複数のメールを1つのメールとして転送することができます。

 電子メールの添付ファイルは、message/rfc822という標準的な形式となり、添付ファイルの1つ1つにファイル名を付けることができません。ただし、「全般的な設定・上級紙向け・送信時のエンコード」の「application/octet-stream形式として送る添付ファイル種類の指定」の「電子メール形式」をONにすると、普通にファイルを添付した時と同じような形式で転送されます。

 転送された側では転送元のメールを完全な1つのメールの形で参照することができます。

 このコマンドでメールが作成されるときは、「転送メール用」テンプレートではなく、「新規メール用」テンプレートが使われます。

注意:
 「添付ファイルとして転送」コマンドでメールに添付される「転送元のメール」は、秀丸メールがデコード(=受信解析)したメールをもう一度エンコードしなおした形のメールになります。なので、元々のメールとは多少中身が違うことがあります。
 たしかに元のメールそのままを転送したい場合は、「ログを添付ファイルとして転送」の方を使ってください。


 「ログを添付ファイルとして転送」コマンドは、現在選択しているメールの受信ログ/送信ログを探して、それを添付ファイルとして転送します。現在選択しているメールに対応する受信ログは、秀丸メールの標準の設定だと、最近の2ヶ月分程度だけが保存されています。それよりも古いメールには受信ログは無いことが多く、その場合は受信ログが添付できないので、代わりに現在のメールをエンコードしなおして添付するかどうかの問い合わせメッセージが出ます。
 受信ログの保存期間は「アカウント毎の設定・上級者向け・ログ」の所で指定します。