草稿に保存(メールエディタ・ウィンドウ)(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、現在編集中のメールを草稿フォルダに保存します。保存してもメールエディタ・ウィンドウを終了せず、そのまま編集作業を続行するかどうかは、「全般的な設定・メール表示・詳細(その他)」で設定できます。

(「全般的な設定・メール表示・詳細」の設定ページは、「上級者向け設定」をONにすると出てきます。)
 草稿フォルダに保存されたメールは何もしなければそのままずっと保存された状態になり、送信されることはありません。

 一般的には、メール作成途中で席を離れたりする場合に「草稿に保存」をし、後でもう一度編集しなおすという使い方をします。


補足:
 このコマンドは、状況によって、「保存」というコマンド名で出てくる場合と、「情報アイテムとして保存」というコマンド名として出てくる場合があります。例えば受信したメールをエディタで開いて「設定・編集を許可する」を実行した場合には、単に「保存」というコマンド名で出てきます。To:ヘッダに「@.item」等と書いて情報アイテム化した場合には、「情報アイテムとして保存」のコマンド名で出てきます。