アカウント毎の設定・使用状況(Ver6.93対応版)

 この設定ページでは、このアカウント配下に存在しているメールの数や、メール用ファイルが消費しているディスクスペース、および、このアカウント配下のメール一覧をすべてメモリ上にロードした時に消費するメモリの必要量を表示します。
 ここに表示されるメール数/ファイルサイズには、添付ファイルおよび受信ログ/送信ログの分は含みません。それらも含めたディスク使用量を見たい場合は、「エクスプローラで見る」を押して、エクスプローラからフォルダのプロパティを見て、そこで確認してください。
 メール一覧のメモリ使用量があまりにも多くなるとメモリ不足になったりWindowsの動作全体が極端に遅くなったりするので、遅くなっきたなと思ったら、「ファイル・バックアップのお手伝い...」を使うなどしてメールを複数アカウントに分散させるようにしてください。

エクスプローラで見る
 アカウント用のフォルダをエクスプローラで開きます。アカウント用のフォルダをバックアップしたりする時に使うと便利です。


断片化されたメール用ファイルを結合する
 このボタンを押すと、細かく分かれてしまったメール用ファイルを結合させることが出来ます。例えばフォルダ毎設定でのメールの分割サイズを2メガバイトに指定している場合には、2メガバイトの範囲内でなるべる結合させることが出来ます。
 メール用ファイルを接合させると、秀丸メール起動時のアカウントの展開や、メール一覧の読み込みなどが速くなります。
 秀丸メールの起動やアカウントの展開がいまいち遅い(あるいは展開してからしばらく動作が鈍い)と感じた場合は、ここのボタンを押してメール用ファイルを結合するのがいいです。

注意:
 もしもアンチウイルスソフトがメールの中からウイルスを検出すると、アンチウイルスソフトは、そのメールを含むファイルをまるごと隔離してしまうケースが多いです。(ウイルスソフトにもよりますが)
 もしも結合した後のファイルがアンチウイルスソフトによって隔離されると、ウイルス入りじゃないメールもまとめて消えてしまう可能性が高いです。なので、ウイルス入りと判定される可能性のあるメール(主に迷惑メールの類)は削除してから結合を実行してください。