$(CallByEmailList, 関数名, メールアドレス文字列) (テンプレート)(Ver6.93対応版)
 CallByEmailList関数は、複数メールアドレス中の1つ1つのメールアドレスを対象としたテンプレート命令を一括して実行します。
 例えば、FindBook関数のようなメールアドレスを対象とした関数に、コンマ区切り複数メールアドレスを渡しても、先頭のメールアドレスだけを対象としてしか処理してくれません。そういう場合にこのCallByEmailList命令を使ってやれば、 複数メールアドレスの1つ1つを対象に処理した結果を再びコンマ区切りにして結果を求めることが出来ます。

 第1パラメータに関数名を指定し、第2パラメータでメールアドレス文字列を指定しますが、さらに第3パラメータ以降にて、関数に渡す追加パラメータも指定できます。

 このCallByEmailList命令を使うと、以前はマクロでGetEmailList関数などを使って処理していたことがテンプレートだけで実現できます。
$(CallByEmailList,FindBook2,$(RootHeader,To))