直前に未読だったメール(Ver6.93対応版)
 このコマンドは、直前に未読から既読になったメールを検索し、そのメールを選択すると同時に未読状態に戻します。何らかの意図しない形での「未読→既読」切り替えが起きたときに使うと便利です。
 このコマンドを連続して実行すると、連続して「未読→既読」のやり直しをします。
 複数のメールがまとめて「未読→既読」切り換えされていた場合には、それらをまとめて未読に戻します。ただし、検索結果から複数のフォルダにあるメールをまとめて切り換えていた場合には、フォルダ単位でしか元に戻りません。
制限事項
 このコマンドは、移動または削除されたメールについてはうまく検索することができません。検索できなかた場合はエラーメッセージを表示し、さらに前のメールまで戻るかどうか選ぶことができます。
 また、受信したメールを同じフォルダにコピーした結果やまったく同じメールが1つのフォルダに重複して存在する場合、どちらのメールに戻るか決まっていません。