全般的な設定・メール表示・詳細(その他)(Ver6.93対応版)
メールをメールエディタで開いた時に編集を許可する
 メールをメールエディタで開いた時に、編集を許可するか、それとも編集できない状態にするかを指定します。標準の設定では、未送信メールに限って編集が許可され、その他のメールでは編集不可となります。編集不可の場合でも、 「設定・編集を許可する」を実行すれば編集可能になります。

 送信済みメールを再編集してまた送信する機会が多い人は、「送信済みメール」をONにすると便利です。
 受信したメールを改変してコメントを付けたりすることが多い人は、「受信したメール」をONにすると便利かもしれません。

 草稿フォルダ保存したメールについては、上記オプションち関係なく、常に編集可能な状態で開きます。また、未送信フォルダのメールを開いた場合でも、「ファイル・草稿に保存」とすると、オプションに関係なく編集可能になります。


閲覧用のメールエディタは複数起動しない
 このオプションをONにすると、閲覧用のメールエディタ(編集不可状態のメールエディタ)を複数起動しないようにします。ただし、電子メール形式添付ファイル等の(.eml)形式ファイルを秀丸メールで開く場合や、 受信ログをデコードして開く場合(内部的にデコードの処理を一時的に実行して表示する場合)は、そのウィンドウについては独立した形で表示されます。


エディタ上での返信メール/転送メール実行時に別エディタを起動する
 受信したメールをメールエディタで開き、その状態で「返信メール」などを実行した場合に、受信メールとは別にメールエディタを起動するか、受信メールのメールエディタをそのまま返信メール用に切り替えるか指定します。


メール作成時の初期カーソル位置をメール本文とする
 「新規メール」等でメールを作成する時の初期カーソル位置を本文にするかどうか指定します。ここをOFFにすると、初期カーソル位置は一番先頭の空ヘッダになります。


Escキーでエディタを閉じる、(閲覧中に限って)
 メールエディタはEscキーで終了しようとします。そうしたくない場合はこれらのオプションをOFFにしてください。


草稿フォルダに保存したらエディタを閉じる
 メールエディタ上で「ファイル・草稿に保存」を実行したらメールエディタを閉じるかどうか指定します。


エディタ上でメールを削除したらメールエディタを閉じる
 メールエディタ上で「編集・このメール・このメールを削除」を実行したらメールエディタを閉じるかどうか指定します。閉じない場合は、秀丸メール本体上での削除後に選択されたメールをメールエディタ上に表示します。


マウス右ボタンを秀丸エディタと同じ処理にする。
 メール内容枠中でマウス右ボタンをクリックすると、普通は秀丸メール独自のメニューが表示されます。ここのオプションをONにすると、秀丸メール独自のメニューを表示する代わりに秀丸エディタでの通常のマウス右ボタンクリック時の処理を実行します。秀丸エディタ側で右ボタンに何かキー割り当てしてる場合、あるいはカスタマイズした右ボタンメニューを表示させたい場合にONにしてください。


宛先部分で入力補助メニューコマンド(Alt+↓)を実行したとき
 宛先部分(「To:」「Cc: 」「Bcc:」部分)でAlt+↓キーを押した時の動作を指定します。アドレス帳しか使わない人や、AL-Mailユーザーだった人はここの設定を変更すると便利になると思います。