loaddll関数(Ver8.91対応版)
目次DLL呼び出し機能− loaddll関数
パラメータで指定されたdllをロードします。
複数のDLLを同時に扱うことができます。
loaddll文の代わりにloaddll関数を使うと、複数のDLLを同時に扱うことができます。
ロードされるのは現在の秀丸エディタについてだけです。nexthidemaru等で他の秀丸エディタに切り替わった場合は改めてloaddllしなおす必要があります。
V8.01以降ではnexthidemaru等で切り替えてloaddllを実行した元の秀丸エディタに戻ってきた場合は有効です。
返り値はDLLを識別する数値(識別値)が返ります。
失敗した場合は 0 が返ります。
関数ですが、loaddll文と同じように成功時はresultはtrueになり、失敗時はresultはfalseになります。

例: #dll = loaddll( $filename );