forceinselect文(Ver8.91対応版)
目次検索系文− forceinselect文
 forceinselect文は、パラメータに 1 を指定すると、検索ダイアログを出すときに明示的に「選択した範囲内のみ」にチェックしたり、下候補、上候補するときに明示的に「選択した範囲内のみ」で動作させます。(V4.10以降)
 0 を指定すると、通常の動作になります。
 searchdown等の引数でinselectが指定できるものには有効ではありません。
 find文では有効ではありません。find2文では有効です。
 この文は、検索実行後には値を保持していません。検索のたびにこの文を呼んでいただく必要があります。
gofiletop;
down 5;
beginsel;
up 5;
endsel;

setsearch "n",0;
forceinselect 1;
finddown;

参照:escapeinselect