gettext( x1, y1, x2, y2, n1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− gettext( x1, y1, x2, y2, n1 ) 関数
 現在編集しているファイルのx1,y1からx2,y2の範囲にある文字列を返します。文字列の長さが長すぎるとエラーになります。
 x,y座標の指定の仕方はmoveto文と同じです。
 途中に改行コードが含まれる場合、"\x0d\x0a"として取得します。"\n"と同じではないので注意してください。"\n"は"\x0a"と同じです。
 第5パラメータn1に1を指定すると、範囲選択を維持することができます。(V5.00以降)
 返す値は文字列型です。

 参照:gettext2