English help on website



browsefile( s1, s2 ) 関数(Ver9.24対応版)
目次関数(その他関数)− browsefile( s1, s2 ) 関数
browsefile関数は、ファイルの参照ダイアログを出し、選ばれたファイル名を返します。(V9.16以降)
$a = browsefile("","*.txt");
パラメータ1(文字列型)
初期フォルダのパスを指定します。""を指定すると現在のフォルダになります。

パラメータ2(文字列型、省略可能)
ファイル一覧に出すワイルドカードを指定します。省略可能です。

返り値(文字列型)
選ばれたファイルのフルパスが返ります。
キャンセルされた場合は""が返ります。


マクロファイル用のフォルダで実行する例です。
$file=browsefile(macrodir,"*.mac");
if($file!=""){
  execmacro $file;
}