その他のコマンド系文(Ver8.91対応版)
目次その他のコマンド系文− tagjump, directtagjump, backtagjump文
 tagjump、backtagjump、directtagjumpは、成功するとresult==yes、失敗するとresult==noとなります。
 directtagjumpで、「ダイレクトタグジャンプ飛び先指定」のダイアログでキャンセルされた場合はresult == -1となります。

 getresultexで、詳しい結果を得ることができます。(V8.00以降)
 getresultex(7)はtagjump/directtagjumpでジャンプした行番号が得られます。
 getresultex(8)はdirecttagjumpでファイルが存在しないかどうかが得られます。

 新しく秀丸エディタが起動すると同時に存在しない行番号を指定している場合、メッセージが出ることがあります。
 メッセージを出さないようにして、存在しない行番号だったかどうかを調べて処理するには、例えば以下のようにします。
 (存在しない行番号の場合、ファイルの末尾に移動する例)
  disableerrormsg;
  tagjump;
  if(result && (getresultex(7) > linecount2) ) {
    gofileend;
  }

参照:
savebacktagjump