split( s1, s2, s3 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− split( s1, s2, s3 ) 関数
 文字列を区切りって分割して配列に格納します。
 s1は結果を受け取る配列の変数名部分だけを指定する必要があります。
 s2に元の文字列を指定し、s3に区切りとなる文字列を指定します。
 返す値は分割された数で、数値型です。

#c = split($aRet,"abc#def#xyz", "#" );
message str(#c) + "\n"
 + $aRet[0] + "\n"
 + $aRet[1] + "\n"
 + $aRet[2] + "\n"
 ;


 ウィンドウ分割のsplit文とは違うので注意が必要です。