sprintf( s, arg... ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− sprintf( s, arg... ) 関数
 sprintfは書式で指定して変換された文字列を返します。(V8.56以降)
 C言語のランタイムライブラリにあるsprintfとほぼ同じですが、機能は限定されています。
 sには書式の文字列です。
 第2パラメータ以降は、書式に従い文字列または数値を指定します。パラメータは可変長ですが最大で16個までです。
 返す値は文字列型です。

 以下の書式のタイプに対応しています。
 %s
 %d
 %i
 %o
 %u
 %x
 %X
 %%

 以下の書式のタイプには対応していません。
 %c
 %f
 %e
 %E
 %g
 %G
 %p
 %n

 V8.66以降は、64bit版で以下のような64bit長の書き方に対応しています。
 %lld
 %I64d