English help on website



join( s1, n2, s3 ) 関数(Ver9.24対応版)
目次関数(文字列操作)− join( s1, n2, s3 ) 関数
join関数は、配列の文字列を区切り文字で連結した文字列を返します。(V9.12以降)
パラメータ1(文字列型の配列の変数名)
配列の変数名を指定します。
$a[0] $a[1] ... という配列の場合、角括弧を除いて、$aと記述します。
$a+$bといったような式を指定することはできません。

パラメータ2(数値型)
配列の要素数を指定します。

パラメータ3(文字列型)
結合する区切り文字を指定します。

返り値(文字列型)
連結された文字列を返します。

JavaScript
JavaScriptでは秀丸マクロのjoin関数そのものは使えません。代わりにJavaScriptにビルトインされているjoin関数を使います。


秀丸マクロの例
$a[0]="a";
$a[1]="b";
$a[2]="c";
$s = join($a,3, "#" );
message $s;	//"a#b#c"

JavaScriptにビルトインされているjoin関数の例
js{
  a=[
    "a",
    "b",
    "c"
    ];
  s = a.join("#");
  message( s );	//"a#b#c"
}

参照:split関数