English help on website



ブラウザ枠・個別ブラウザ枠(Ver9.24対応版)
目次− ブラウザ枠・個別ブラウザ枠

ブラウザ枠・個別ブラウザ枠について
ブラウザ枠・個別ブラウザ枠は、キー割り当て等で呼び出せる「ブラウザ枠」または「個別ブラウザ枠」コマンドの枠です。
ブラウザ枠は、アウトプット枠のようにタブモードではウィンドウ内で共通の1つの枠になります。
個別ブラウザ枠は、アウトライン解析の枠のように、ファイルごとにある枠になります。
これらの枠の操作を行うマクロの文/関数があります。

通常のブラウザと同じようにWebコンテンツを見る目的のものです。
http: https: のネット上のURIを指定できます。
file: のローカルファイルを指定できます。
uriにjavascript: から始まるものを指定することで、ブックマークレットのように一方的な実行が可能です。
実行できるのは、秀丸マクロとしてのJavaScriptではなく、WebページとしてのJavaScriptです。file: から始まるローカルファイルの場合に可能で、httpから始まるネット上のコンテンツはできません。(localhostは除く)

ページ内のスクリプトから秀丸エディタの操作をすることはできません。

setbrowserpanetarget文(V9.22以降)
ブラウザ枠関係の文/キーワードで操作の対象となる既定の枠を指定します。
パラメータ1:
"_common"を指定すると、共通のブラウザ枠になります。"_each"を指定すると、個別ブラウザ枠が対象になります。
指定しない場合は、"_common"と同じです。

showbrowserpane文(V9.22以降)
「ブラウザ枠」コマンド。
「個別ブラウザ枠」コマンド。(ただし、ファイルタイプ別の設定は書き換わらない)
パラメータ1:省略または-1でON/OFF切り替え。0でOFF。1でON。
パラメータ2:省略または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。

refreshbrowserpane文(V9.22以降)
「ブラウザ枠を更新」コマンド。
「個別ブラウザ枠を更新」コマンド。
パラメータ1:省略または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。

browserpanehandleキーワード(V9.22以降)
ブラウザ枠のウィンドウハンドルを表します。
パラメータ1:パラメータなしのキーワード表記または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。パラメータは()または[]で指定します。

setbrowserpaneurl文(V9.22以降)
ブラウザ枠のURIを設定します。
パラメータ1:URIを文字列で指定します。
Webの場合はhttp:// またはhttps:// から始まる文字列。
ローカルファイルの場合はfile:/// から始まる文字列。
ブックマークレットはjavascript: から始まる文字列。(file: のローカルファイルとクリア状態のみ)
パラメータ2:省略または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。

browserpaneurlキーワード(V9.22以降)
ブラウザ枠に表示されている現在のコンテンツのURIを表します。
実行されたブックマークレットの場合は表されません。
パラメータ1:パラメータなしのキーワード表記または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。パラメータは()または[]で指定します。

setbrowserpanesize文(V9.22以降)
ブラウザ枠のサイズを設定します。
パラメータ1:ピクセル単位の数値を指定します。
パラメータ2:省略または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。

browserpanesizeキーワード(V9.22以降)
ブラウザ枠のサイズをピクセル単位で表します。
パラメータ1:パラメータなしのキーワード表記または0で、既定の枠が対象。1を指定でブラウザ枠。2を指定で個別ブラウザ枠。パラメータは()または[]で指定します。

browserpanecommand文/関数(V9.22以降)
ブラウザ枠に対する何らかの操作・取得・設定を文字列で指定します。
パラメータ1:URIの文字列、コマンドの文字列、JSONの文字列(またはJavaScriptのオブジェクト)のいずれかを指定します。
コマンドの文字列の場合は以下の通りです。
"get_DOMContentLoaded" 未完了では"0"、DOM操作まで完了では"1"が返ります。
"get_load" 未完了では"0"、すべて完了では"1"が返ります。
"get_readyState" 未完了では"loading"、DOM操作まで完了では"interactive"、すべて完了では"complete"が返ります。
"left" 位置を左にします。
"right" 位置を右にします。
"top" 位置を上にします。
"bottom" 位置を下にします。
"clear" クリアします。
"refresh" 更新します。
"focus" ウィンドウのフォーカスをブラウザ枠に移動します。
"focusinputfield" コンテンツ内に入力欄があれば入力欄にフォーカスを移動します。
JSON/オブジェクトの場合のプロパティの意味は以下の通りです。
target: 対象となる枠の名前。"_common"は共通のブラウザ枠。"_each"は個別ブラウザ枠。記述が無い場合は既定の枠が対象。
show: 表示するかどうか。1で表示、0で非表示。
uri: URI。(urlでも可)
place: 位置。"leftside" "rightside" "upside" "downside"のいずれか。
get: 情報を取得します。target以外の他のプロパティは無視されます。(後述)
clear: 1を指定するとクリアします。
focus: 1を指定するとウィンドウのフォーカスをブラウザ枠に移動します。
size: 上下左右の枠の配置のときのピクセル単位のサイズの数値。
syncsize: 1を指定すると枠のサイズを他の秀丸エディタにも反映させます。
initialize: 個別ブラウザ枠の場合、"async"を指定すると初期化を待機せずにすぐに制御を戻します。
watch: 1を指定するとローカルファイルの自動更新をします。
setinputfield: 文字列を指定して、コンテンツ内のフォーカスのある要素が入力欄であれば設定します。(内容によってはうまくいくとは限りません)
JSONの/オブジェクトのgetプロパティで関数として呼ばれたときに、取得したい情報を以下の値で指定します。
"readyState"の場合、"loading" "interactive" "complete"のいずれかが返ります。
"DOMContentLoaded"の場合、"0"または"1"が返ります。
"load"の場合、"0"または"1"が返ります。
"show"の場合、"0"または"1"が返ります。
"uri"の場合、URIが返ります。(urlでも可)
"size"の場合、上下左右の枠の配置のときのピクセル単位のサイズが文字列として返ります。
"initialized"の場合、個別ブラウザ枠で初期化が完了している場合に"1"、そうでなければ"0"が返ります。(initialize: "async"の場合だけに意味がある)
"title"の場合、タイトルが返ります。


//例1
browserpanecommand """
  {
    "target":"_common",
    "show":1,
    "uri":"https://hide.maruo.co.jp/",
    "place":"leftside",
  }
  """;
endmacro;

//例2
js{
  browserpanecommand({
    target:"_each",
    show:1,
    uri:"https://hide.maruo.co.jp/",
    place:"leftside",
    });
}
endmacro;


レンダリング枠