wcslen( s1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− wcslen( s1 ) 関数
 str1をUnicodeとして数えた長さを返します。(V8.00以降)
 strlenのUnicode版です。全角文字も半角文字も1文字として数えます。
 返す値は数値型です。