columntox( c1, l1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数 columntox( c1, l1 ) 関数
 カラム位置からx座標への変換をします。(V5.00以降)
 c1はカラム位置、l1は行番号を指定します。
 返す値は数値型です。