member文, member関数(Ver8.91対応版)
目次COMの呼び出し− member文, member関数
member文, member関数は、callmethod,callmethod_*等やgetprop*等と同じです。
メソッド,プロパティ,型がわからないときに使用できます。

例:
$s=member(#obj,$name, ... );
#n=member(#obj,$name, ... );
#obj=member(#obj,$name, ... );
member #obj,$name, ... ;


エラーの取得
 文はresultが設定されますが、関数ではresultは設定されません。
 crateobject/getobject以外の関数では戻り値で成功したかどうかを知ることができないので、getresultexの10または11でエラー情報を得ることができるようになっています。


●FileSystemObjectを使ったファイルの列挙を主にmemberを使った例
$dir="C:\\Folder";
newfile;
insert $dir+"\n";
#objFSO = createobject("Scripting.FileSystemObject");
#objFolder = member(#objFSO,"GetFolder",$dir);
#objFiles = member(#objFolder,"Files");
#c = member(#objFiles,"Count");
insert "ファイル数="+str(#c)+"\n";
while(1){
  #objFile = getcollection(#objFiles);//getcollectionはmemberには置き換えられない
  if(#objFile==0)break;
  insert member(#objFile,"Name")+"\n";
  releaseobject #objFile;
}
releaseobject #objFiles;
releaseobject #objFolder;
releaseobject #objFSO;
endmacro;