str( n1 ) 関数(Ver8.91対応版)
目次関数− str( n1 ) 関数
 n1を文字列に変換します。例えばn1が100の場合,返す値は"100"となります。
 返す値は文字列型です。

 浮動小数点数モードの場合、sprintfの書式の"%1.15lG"に相当する変換をします。
 詳細な書式を指定した変換はHideMath.dllのFormat関数でできます。

参照:
val関数