English help on website



replace文(Ver9.24対応版)
目次検索系文− replace文
replace文は、置換ダイアログを出します。
replace;
パラメータ
パラメータはありません。

結果コード
成功した場合は、resultは置換した個数になります。
ダイアログでキャンセルした場合は -2 になります。(V6.50以降)

JavaScript
JavaScriptではreplace()は使えません。代わりにreplace1()を使います。
js{
  replace1();
}

キー割り当ての「置換...」コマンドを実行するのと同じように、カーソル位置や範囲選択の文字列を検索文字列として拾うか、動作環境の動作に従って、置換ダイアログを出します。
searchbufferを検索文字列にするには、replacedialog文を使います。

replace1と書くこともできます。(V9.19以降)