検索/置換文字列の上限について(Ver8.91対応版)
目次検索系文− 検索/置換文字列の上限について
 検索/置換文字列には上限があります。
 上限を超える可能性がある場合は事前に文字数をカウントして判断する必要があります。

 検索/置換文字列の上限は4095文字になりました。

 V7.xxまでは、検索文字列の上限は 249 文字(タイプミスではなく置換より10文字少ない249です)まで、
 置換文字列の上限は 259 文字までです。

 正確には検索文字列は、JRE32.DLLを使わない場合は259文字可能です。
 さらにWindows 9x系の場合はバイト数計算になり、半角で259文字、Windows NT系の場合は文字数計算になり全角で259文字までいけます。
 ですが、安全なマクロを作るうえでは、249文字までとしてください。

$a = gettext(seltopx,seltopy,selendx,selendy);
if( strlen($a) >= 4095 ) {
message "検索文字列の上限を超えました"; endmacro; } gofiletop; searchdown $a;