English help on website



hidemaru.loadDll(Ver9.24対応版)
目次JavaScript対応Hidemaruオブジェクト− loadDll
loadDllメソッドは、秀丸用のdllfunc対応のDLLを読み込みます。 [非同期]
js{
  var dll = hidemaru.loadDll("c:\\folder\\mydll.dll");
}
パラメータ1(文字列型)
DLLのファイル名を指定します。

返り値
読み込みに成功した場合、DllFuncManagerオブジェクトを返します。
失敗した場合、undefinedを返します。


読み込み成功すると、DllFuncManagerオブジェクトが返ります。
オブジェクト内のプロパティには、呼び出し方法に応じたdllFunc,dllFuncStr,dllFuncW,dllFuncStrWという4つのオブジェクトのプロパティがあります。
このオブジェクトから、関数名をドットシンタックスで記述できます。
呼び出し方法とDLL側が適切でない場合クラッシュする危険があるので、充分に注意する必要があります。
//従来のマクロの場合
#dll = loaddll("HmJre.dll");
#n = dllfunc( #dll, "FindRegular", "[a-z]", "123 abc" );
//jsの場合
js{
  var dllfn = hidemaru.loadDll("HmJre.dll").dllFunc;
  var n = dllfn.FindRegular( "[a-z]", "123 abc" );
}

参照:
loaddll文
loaddll関数
hidemaru.loadDll