English help on website



execjs(Ver9.24対応版)
目次JavaScript対応− execjs
execjs文は、外部のjsファイルを実行します。(V9.19以降)
js{}の外側で普通のマクロ文として実行します。
execjs "c:\\folder\\a.js";
パラメータ1(文字列型)
実行するjsファイルをフルパスで指定します。

結果コード
成功時は、resultは0以外になります。
失敗時は、resultは0になります。


スクリプトエンジンが同じであれば、execjs内で作成されたオブジェクトは有効なままなので、ライブラリのように使うことができます。
execjs "c:\\folder\\extend.js";
js{
  message( extendedObj.hello() );
}
extend.js
extendedObj = {
  hello : function(){
    return "Hello extend";
  }
};